歴史

平田台自治会は、平成2年4月1日に発足した新しい自治会である。 この区は、県道31号線の西側の字平田の丘稜を、昭和48年から民間宅地造成業者が買収し、52年までに174区画を造成・分譲したことに始まる。 昭和51年4月1日、70世帯300人の住民は、自治会を結成、春日区内自治会として、独自の予算を編成し運営した。しかし62年、平田台集会所が建設されるまでは、敬老会・成人式等の行事は、春日区と合同して行っていた。 この間に、春日土地区画整理事業により、周辺の山林、田畑の宅地造成が進み、昭和63年1月12日には、町界町名地番整備により9.5ヘクタールを町界として、1丁目から5丁目までの丁目地番を付した。人口も急増し、平成2年4月1日現在、世帯数423、人口1430人となり、市は自治区として認め、町世話人を置いた。

春日市史より

 hist1

平成15年5月1日現在、
世帯数は896、人口は2386人となっております。

平田台履歴
昭和48年 春日区平田台自治会として自治会活動開始
昭和58年 集会所建設
昭和63年 町界町名地番整備
平成 2年 春日区より分区、独立地区となる
平成 8年 平田台コミュニティ供用施設(地区公民館)設立。
PAGETOP
Copyright © 平田台自治会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.